セミナー・カンファレンス

年間20回以上のセミナー開催

自社、お客様含め、年間20回以上のメタバースセミナーやカンファレンスを実施、サポートしています。規模に合わせた運用体制のご提案、ZoomやYouTube LIVEなど他メディアとの併用、集客サポートなどトータルでご提案します。Spatial上でのセミナー開催は、リスクマネジメントが欠かせません。起こりうるリスクについて事前共有し、対策を予め検討しておくことがイベント成功の鍵です。

メタバースカンファレンス
メタバース セミナー

体験型であること

メタバース上のセミナーは、ただスライド共有して話をきくだけでしたら、Zoomのほうが良いです。音声がクリアで、トラブルも多くありません。なぜ、わざわざメタバースでセミナーやカンファレンスを行う必要があるのか?そこには「体験の設計」が必要です。

セミナー
メタバースお話会
フォトグラメトリ講習

距離を超えて集う

どこに住んでいても集まって、同じテーブルにつき、会話できることは、チームの一体感を醸成します。そこに体験型の「冒険」要素を加えることで、日常とは異なる感覚でクリエイティブな場を作ることができます。

メタバースでカンファレンス「メタカン」の様子

カンファレンスルーム「ペンギンと流氷」の紹介