CCメタバース本社

フィリピンのフリーランス3Dクリエーターネットワーク

CC, Create and Contributeは、フィリピンの3Dクリエーターネットワークです。現在は、その活動の中心は、このGardenBee DEVとして統合しました。遠隔に住む人達とメタバースオフィスで会い、空間を共有しながら将来のことを話し合ったり、空間製作などを共同で行う素晴らしさが、私達の原点です。フィリピンと日本をつなぐ意味合いで、フィリピンの景色へつながる窓と、日本の景色へつながる窓を持ちます。移動プレートに乗ると外へでることができ、宇宙空間の中でセミナーができます。地下にミーティングルームがあります。

関連リンク

CC本社

コンセプト

宇宙空間に浮かぶ私達のオフィスでは、起こしいただくとWelcomeのピアノを弾くアバターがいます。そこでお待ち下さい。この待合室は、さまざまな空間への入り口です。人は誰かとどこかへ行くときに、必ず「待ち合わせ場所」を持ちます。この本社は、「待合室」でもあります。さまざまな可能性と出会う旅の前段階として、人と人が出会い、ここからフィリピン、日本、国境が関係のないメタバースのワールドへ旅立っていく。そのようなイメージで製作しました。

地下にあるミーティングルームは、Seating Hotspotの仕様変更にともない、現在、椅子に座ると逆さまになってしまいます。それはそれで面白く、そのまま残してあります。逆さまに座ってミーティング。それもまた良いかもしれません。

CCメタバース本社
CCメタバース本社
CCメタバース本社

製作の流れ

メタバースのワールド制作時には、まず、その場所を何に使うのかを考えます。それからターゲットを考えます。ターゲットによっては、リッチで重い空間よりも、軽さが重要な場合もあります。それから、スケッチを描きます。そのスケッチを元にモデリングします。モデリングしたものは、照明や音楽などの効果をつけるまえに、バーチャル上で確認し、実際に見て回りながら仕様をブラッシュアップしていきます。この繰り返しでワールドが出来上がっていきます。

CCメタバース本社
CCメタバース本社